ヒューマンエラーはゼロにならない!

従業員によるミス(ヒューマンエラー)で、経営損失が生じることは珍しくありません。

 

本日は、そのミスの発生を最小限に抑えるための2つの対策をお伝えします。

 

まずは、従業員の「馴れ」に厳しく対処すること。

従業員は概ね同じ業務を毎日行うことから、やがて「馴れ」が生じ、いつしか緊張感や集中力にも緩みが出てきます。この出始めたタイミングに、最もミスが発生しやすいと言われています。

従って、経営者は従業員の緩みの有無を常にチェックし、適時声かけや指導を心掛けてください。

 

つぎに、従業員が業務に対してモチベーションや集中力を維持できるよう「休息ができる環境を社内に作る」こと。

例えば、リフレッシュルームの設置や休憩時間の設定など、従業員が業務で張り詰めた緊張を解くことが許される空間や時間を設けることも効果的です。

 

ヒューマンエラーで甚大な経営損失が出る可能性を最小限に抑えることも、経営者が講ずるべきリスク・マネージメントでしょう。