雑貨屋を長く経営するための3つの取組み

街を歩けば、様々な雑貨屋さんを見かけます。

 

雑貨屋は開業すること自体そう難しくはない一方、続けることは大変難しい商売です。

本日は、雑貨屋さんを長く経営するための3つの取組みをお伝えします。

 

1つめは、コンセプトが明確であること。

お店のコンセプトを明確に表現・発信することで、そのコンセプトに価値を感じてもらえるお客さまを発掘し、ファン客になっていただくことを目指します。

 

2つめは、トレンドは常に取り入れること。

これまでも、例えばエコ素材やハンドメイド、ベトナム雑貨や和雑貨など、時代ごとに注目トレンドが必ず存在しました。

常にトレンドを追い求め、上述1の自店のコンセプトと絡めることで、一層オリジナリティを強く打ち出すことが可能となります。

 

3つめは、常にお店の鮮度を高めておくこと。

長期間にわたり同じ商品が店頭に並んでいるようであれば、お客さまを店内へ誘引することは難しいでしょう。

例えば、定期的に店頭イベントを開催するなど「動き」があるものを導入することで、お客さまの来店頻度を高めることに繋がります。