出来ることを続けることが大切です

集客や売上を伸ばすためには、大胆に改革することが必要と思い込んでいる経営者が

多くおられます。

 

新たに広告を打つ、店舗を改装する、人材の確保など、大きな予算や手間をかけることで

事態を大きく好転させたいお気持ちも理解しますが、これらは無理や背伸びをして実行される

ケースが多いため、大抵は「単発」の取組みで終わってしまいます。

 

その結果、手段を講じた当初は成果が上がることはあっても、成果が持続することは難しくなるでしょう。

 

特に資金など経営資源が限られている個人経営の店舗は、このような戦略は大変リスクが大きくなることからも絶対避けるべきで

その代わりに「出来る改善を日々続けてゆく」ことから着手してください。

 

例えば、サイズを大きくする/小さくする、固くする/柔らかくする、配置を変える、早くする/遅くする、セットにする/分ける、

厚くする/薄くする、順番を入れ替える など…

 

これら小さな変化や改善は大きなリスクを負わないだけでなく、継続することで着実に成果に結び付いてゆくのです。