経営者が休むことを躊躇してはいけない!

昨今、深刻化している人手不足問題は店舗経営にも大きく影響が及び、人手を確保できない経営者が長時間労働を強いられるケースが急増しています。

 

言うまでもなく、無理を重ねれば、心身を健全に保つことは難しくなります。

また、疲れた時や辛い時は判断力が低下し、弱い方向に感情が流れてしまうこともあります。

 

毎日、様々な判断や決断をしなければならない経営者が、このような状態で経営の舵取りを行って重要な判断を見誤らないためにも、常に疲労回復に努めたいところです。

 

疲れがたまった時は「思い切って休む」勇気を持ってください。