売り手と買い手の倫理は相反する

販売する側(売り手)とお客さま(買い手)の倫理が相反することを、経営者は認識しておく必要があります。

 

売り手はなるべく効率的に売りたいと願うため、売った後のアフターフォローに対する意識は低くなります。実際に「売れたら、それで良し」と捉える会社も多く存在します。

 

一方、買い手は商品を「買った後」または、サービスを「受けた後」の満足を得たいと願っています。

 

つまり、売り手は「売るまで」を重視し、買い手は「買ってから」を重視するのです。

 

この売り手と買い手の倫理ギャップを埋められる会社や店舗には、現在のビジネスを拡大できるチャンスがあります。

例えば、地域ナンバーワンのアフターフォロー・サービスを具体化し、お客さまへ提供保障するのも効果的な手法でしょう。

 

「買い手の倫理を深く理解し、事業活性化の切り口を考え、そして実践する」

この思考が働くか否かで、商売の成果は大きく異なります