小さな会社 応援シリーズ/「売りたい」営業マンが抱える2つの問題

営業マンが「売りたい!」とだけ考えた場合、2つの問題が生じることをお伝えします。

 

まず、自社や自身の業績を上げることだけにしか関心が湧かないため、「売る」姿勢が強く

顧客に伝わってしまう点です。

「売りたい」相手から、買いたいと思う客がいないのは言うまでもありません。

 

つぎに、自社の商品やサービスの「付加価値」を顧客に伝えられなくなる点です。

「売りたい」意識が先行していることで、商品の特徴や長所をひたすらアピールする傾向が

顕著となり、顧客が最も知りたい「導入した場合の成果やメリット」の説明に至りません。

やはり、これでは「売れない」でしょう。

 

結果的に「売れる」営業マンは「売りたい!」という思考を持っていません。

自身が顧客の立場であれば、自社の商品をどのように活用すれば成果を最大化できるかを考え、その考えを顧客へ伝えるー

 

このような思考がベースとなっていることで顧客から信頼と安心を獲得し、その結果「売れる」のです。