小さな会社 応援シリーズ/飛び込み営業の鉄則は「売り込む」のではなく「教える」

貴方の会社のお客さまが法人・個人どちらの場合であっても、飛び込み営業を行っているのであれば、必ず徹底しなければならないことがあります。

 

それはタイトルの通り、初対面のお客さまに対して、いきなり自社の商品やサービスを「売り込む」のではなく、まずは「教える」ことから始める。

 

私は多くの会社の飛び込み営業の手法を見てきましたが、ほとんどの会社の営業マンは、精一杯の作り笑顔で挨拶した後、直ぐに商品の説明を行っています。

 

お客さまは基本「売り込まれる」ことを嫌いますので、当然営業マンを追い返します。

そして営業マンは、次のお客さまを訪問する…。

このようなループを繰り返す飛び込み営業に、成果が出るはずがありませんよね…(苦笑)

 

そこで、お客さまが抱える悩みや課題の解決方法を「教える」ことからアプローチを始めてみてはいかがでしょうか。

 

例えば、お客さまが抱える課題をわかりやすく解説し、解決へ導く考え方や手法を教える勉強会を企画。

まずは、お客さま先でこの勉強会への参加を促すことからアプローチを始めるのも有効策の1つです。

 

売ろう売ろうでは、お客さまは必ず離れます。

まずは「お教えします」のスタンスで、お客さま貢献からスタートするのが飛び込み営業の鉄則なのです。