自店の「売り」を明確に!

どのような業種の店舗にも必ず存在するのが「取扱いメニュー数は多いものの、際立った商品がない」お店です。尚、該当する店舗のほとんどは売上が伸ばせていません。

 

メニュー数の多さは、経営者があらゆるニーズに応えようとする姿勢が表れています。

但し、1つの店舗に豊富な資源(いわゆる、ヒト・モノ・カネ)はないため、メニュー数を多く設定すれば、その分商品1つ1つへかける想いや労力は分散するため、お客さまを魅了することが難しくなります。

「どこにでもある」商品にお客さまは注目しませんし、また高い価格を支払いません。

 

改めて、お伝えします。

店舗経営の基本戦略は「絞る・深堀りする」です。

 

メニュー数は出来る限り絞り、その分1つの商品に、他店にはない明確な特徴や価値を付けるー。

お客さまはある程度絞られますが、特定のお客さまから高い支持を集めることができ、その特定のお客さま(ファン客)がお店の宣伝

マンとして、口コミしてもらえる可能性は高まります。

※単なる「リピート客」は情報発信してくれません。「ファン客」になってはじめて、自身の尊厳をかけて(少しオーバーですが)宣伝してくれるのです。