商品が売れ残る「根拠」を考えてみる

商品を販売当日に売りきることが出来なければ、それは売れ残りとなります。

 

売れ残りは、事業者にとって「製作に生じた時間や材料費の損失」となります。

極力発生を防ぎたいところです。

 

売れ残りを減らす取組みとして、例えば、その日の天候や地域のイベント情報から販売見込み数を割り出して製作するケースもありますが、それでも予想通りに売れることは少ないようです。

 

売れ残りが常態化している場合、一度商品(サービス)について再考してみる必要があります。

「(お客様の要望や思考を把握せず)商品を提供していないか?」と。

 

売れ残りが発生する要因は、決して製作数の過多だけではありません。

お客様が「お金を出してまで買いたいと思わない」「欲しい商品がない」と思っている可能性があるのです。

 

売れ残りが発生しているのであれば、改めて「お客さまが自店に求めている商品とは何か?」を把握することから立ち戻る。

 

「売れないから…」と広告や販促に着手する前に、まずは商品の再検証を。