小さな会社 応援シリーズ/「売らない」商談で信頼を得る!

商談時に「売らない」スタンスをとることで、顧客から一層高い信頼を獲得できるケースがあります。

 

通常、顧客から自社の商品やサービスに対して「買いたい」意思を示された場合、要望通り「売る」ことで顧客から感謝されますが、時には「買う」以外の提案をしてみることで顧客に「信頼」を与えることが出来るのです。

 

例えば、購入時負担を軽減するためのリース契約の提案や、付加価値の高い代替え案の提示を行ってみることで、顧客へ「売上よりも、当社のことを考えてアドバイスをしてくれる会社」という印象を与えることができます。

 

一時的な売上を追求するのではなく、常に顧客満足を考えて行動する。

その先に、信頼と成果の獲得が存在します。