何か伝える時に、重要な要素とは?

相手に何かを伝える時、なるべく相手に伝わりやすいよう、言葉や表現に重きをおいて話しますよね。

 

一方、相手(受け手側)は耳から入ってくる情報だけに注目しているわけではありません。

話している相手の様々な動きも併せて着目して、話を聞いているのです。

 

視線、表情、身体の動き(手振り素振り)、声の大きさやトーン、言葉の間のとり方、匂い…

言葉や表現の音声情報だけでなく、同時にこれらの要素も交わって、話が相手に伝わるのです。

 

従って、相手にどうしても伝えたい情報であれば、言葉だけではなく、ご自身の視線や身体の動きなどにも意識を傾ける必要があることをご理解ください。

 

「なかなか相手(従業員やスタッフ)が理解してくれないんだよねぇ…」

経営者からよくこの言葉をお聞きしますので、改めて言葉の伝達の基本について本日はお伝えしました。ご参考になれば幸いです。