経営発展に欠かせない「つなぐ人」の存在

経営発展に欠かせない存在。

それは「つなぐ人」です。

 

組織内の「つなぐ人」が力を発揮することで、経営発展に向け、良好な効果が表れるのです。

 

例えば、「自社と他社をつなぎ、競争力のある新製品・新サービスを生み出す」「経営者と社員をつなぎ、両者間に生じやすいコミュニケーションギャップを解消させた上で、両者が一枚岩となり経営を推し進める」「複数のアイデアをつなぎ、新たなアイデアを創出する」など。

 

これら3つの事例は、全て組織内に「つなぐ人」が存在しなければ成し得ません。

※尚、「つなぐ人」の選出は、経営者の参謀的立場の人材が適任でしょう。