経営強化を目的とした投資は、4つの順序で考える

利益を出し続けることは大切ですが、その利益を内部留保するだけでは長期的な経営継続は難しくなります。

 

会社を成長させることは、困難な局面を迎えても倒産の危機に追い込まれないように経営体質を強固にしておくこと。

 

そのためにも、やはり将来に向けた「投資」は不可欠です。

 

本日は、投資を行う際の順序について、4つの視点に分けてお伝えします。

 

まずは「①現事業の強化」です。

現在の事業をさらに浸透・拡大させるための体制整備や、シェア拡大のための宣伝・販促費用の投資が該当します。

 

続いて「②新たな商品の開発」。

現在事業を行っている市場や顧客に対して、新たな商品を提供するための開発費用としての投資です。

現在の商品に改良を加えたり、または全く異なる商品を開発する等で新たな需要を創り出します。

 

その次が「③新たな市場への展開」。

現在の商品を新しい市場や顧客に提案してゆくための投資です。

例えば、卸事業者がユーザーへの直販を開始する際のルートの開発費や、新たな地域への販売や出店費用に関わる投資が該当します。

 

そして、最後は「④新たな商品を新たな市場で展開」する投資。

これまでの事業に頼らず新しい商品を全く未知の分野に参入する際の投資で、特に活性化している分野に参入することで新たな需要を大きく獲得することが期待できます。但し、新規参入は失敗確立も相応に高いことを、予め覚悟して取り組まなければならないことは言うまでもありません。

 

尚、投資は「困ってから行う」のではなく、現事業の業績が「好調なときに先行して行う」ことが大変重要であることを付け加えておきます。