店頭訴求は「3秒」にこだわる!

集客が図れないお店の特徴の1つに、店頭訴求の失敗があります。

例えば、以下のような店頭になっている場合、早急に改善が求められます。

 

・情報物(看板やポスター、など)が全くない、または、情報過多になっている

・情報物はあるが文字は小さく、読みづらい

・情報がいつも同じ

・情報の表現がわかりづらい(カタカナ表記、専門用語を多用している、など)

・お客さまが知りたい情報が掲出されていない  など…

 

お客さまは、自身の理解が及ぶ範囲の商品やサービスだけを無意識に選ぶ一方、上述したように「情報がわからない、または、受け入れられない」と感じれば、そのお店を避けてしまう可能性が高くなります。

 

店頭では、お店の特徴やお客さまメリットを一目で理解させなければならないのです。

そのために、お店に与えられた時間は、お客さまが店頭を徒歩で通り過ぎる速度で算出すると「3秒」です。

 

「3秒」でお店の意思を伝えられない店頭は、お客さまを遠ざけていることをご認識ください。