従業員の適正配置について

「あの従業員、使えないなぁ…」

 

このような時、従業員の能力が低いと決めつける前に、考えていただきたいことがあります。

「もしかしたら、今与えている仕事が合っていないのかも?」と。

 

安易に能力不足として決めつけるのではなく、まずは「仕事や場面との相性」を考慮し、別の仕事を与えてみて欲しいのです。

 

従業員にはそれぞれ、能力や性格、特性が異なります。

それらにぴったり一致した仕事にめぐり合った時、彼らが良い方向に「化ける」可能性があるのです。