「足るを知る経営」を実践する!

法人経営の店舗などは、事業規模の更なる拡大に向けて、利益の最大化を目指す経営が行われています。

 

一方、個人が経営する店舗は「足るを知る経営」を出来ることが強みと言えます。

 

例えば、「経営が成り立つレベルの売上を確保できれば、それ以上の利益は不要。無理に集客や売上をアップさせることよりも、お客さまにもっと満足いただけるお店を目指したいー」

 

個人経営の店舗経営者は、このような地に足の着いた思考や姿勢で経営を行うことで、結果的に地域に長く定着し、お客さまから愛されるお店になれるのです。