見積もりが「高い!」と指摘された時の対処方法

顧客へ見積り提示した際に「高いよ!」と指摘された経験は、多くの経営者や営業マンが1度は経験があると思います。

 

では、価格に対する指摘を受けた時、どのような対処すべきでしょうか。

 

「そうでしょうか?価格は安く提示できていると思いますが…」

「そうですか、わかりました。では一度会社に戻りまして、再度検討します。」

「では価格を見直しますが、いくらなら発注いただけますでしょうか?」

 

…思わず、これらのような言葉を口にされていませんか?

 

残念ながら、これらの応答では顧客の不満は全く解消されません。

それどころかこの商談はご破算、もしくは価格を安く叩かれてしまう可能性が高くなるでしょう。

 

実は顧客が「高いよ!」と指摘した理由は、値引きを要請しているのではなく「高い理由を知りたい」から。

価格が高いなりの根拠があるのでは、と関心を寄せている状況でもあるのです。

 

従って、高い理由が顧客の納得を得るものであれば、顧客は必ず購入に向けた検討に入ります。

 

見積り提示の際に顧客から価格について指摘を受けた場合は慌てて言葉で切り返すのではなく、一旦顧客の指摘を受け止める

その後は、誠意を持って提示価格の根拠について説明を尽くしてください