お店の「体調」とは?

お店には、人間と同様に「体調」があります。

 

お店の売上や資金繰りが順調であれば、人間の身体で例えると「健康」な状態です。

更なる成長を目指し、店舗への投資や人員の追加補強、広告・宣伝強化など、攻めの経営を行うことが可能な状況です。

 

一方、売上が低調に推移し続けていて、経営状況が芳しくないようであれば「不健康」な状態と言えるでしょう。

この場合、まずは健康な状態に戻すための「療養」が必要なため、上述の健康な状態のお店のような先行投資は禁物です。

まずは、経営の効率性を高めるためにも集中すべきことと排除することを明確化することや、お店の強みを更に磨き上げるなど、店舗力を高めることを優先しましょう。

 

これらのように、お店の「体調」に応じて、取組むべき経営の方向性は全く異なることを認識いただければと思います。