スタッフ定着率を安定させるために、経営者が行うべきこと

「少し相談があるのですが…」

 

スタッフからこの言葉を聞くと経営者は「ドキッ!」とするもの。

そして、直感は当たってしまうのです。お店を辞めたいという申し出です。

 

現在の離職理由は、主に次の3つです。

①長時間労働

②休暇を取得しにくい 

③人間関係の悩み   

 

特に離職理由が「人間関係の悩み」である場合、その背景には、経営者とのコミュニケーション不足が原因であることも大変多いようです。

 

「普段からスタッフには積極的に声をかけているので、コミュニケーションは図れているはずです」と胸を張る経営者は大変多いのですが、頻繁に声をかけているからと言って、コミュニケーションが必ずしも図れているとは限りません。

 

経営者からスタッフへ仕掛けるべきコミュニケーションで欠かせない要素は、良いところを具体的に「褒める」「認める」こと。

指示や指導は細やかに行う一方で、この「褒める」「認める」が出来ていない経営者は多いのです。

 

スタッフとのコミュニケーションが改善されることで、彼らの離職率は確実に下がります。