組織人数を最適化する

「組織人数を何名で構成するのか」

 

当然、人数が多すぎても少なすぎてもいけません。

悩ましいところです。

 

組織人数を最適化する上で重要ポイント。

それは「事業が果たすべき業務を十分に勘案し、適切な人員数を割り出して決定すること」。

 

但し、繁忙期・閑散期で必要となる人数が全く異なる難しさも存在します。

 

例えば、繁忙期に合わせて組織作りを行った場合。

この場合、閑散期(暇な時期)に人材が遊んでしまい、事業収益を圧迫させる要因となります。

 

一方、閑散期に合わせるとどうでしょうか。

今度は繁忙期の需要を全て対応しきれず、販売機会のロスを招くことも考えられます。

 

では、どのように組織の人数を最適化すれば良いのでしょうか。

 

1つの対応策があります。

それは「閑散期に対応できる最低限の人数で組織を作り、従業員のマルチタスク化を図ること」。

 

一人の従業員が複数のポジションをこなすことができれば、繁忙期の際にも相互フォローが可能となり、業務停滞の発生をある程度防ぐことが期待できます。

 

今一度、事業内の人員配置を再確認してみてはいかがでしょうか。