経営者は「出費」=「投資」と考える!?

経営者はプライベートの出費を単なるお金の消費ではなく、「投資」と位置付けることで

より有意義な出費となることをお伝えします。

 

例えば、居酒屋を訪れた際に単なる飲食の機会とせずに、経営者目線で想像してみるだけで

新たな発見や気付きを得られることも多いと言えます。

例:「メインの客層は?」「客単価はいくらか?」「1時間あたりの客回転数は?」

「最もオーダーされるメニューは?」「客は店内のどこに視線を向けているか?」…など。

 

また、旅行など高価格サービスを受けるために出費した際も、「高い価格設定をしている根拠は何か?」と価格に見合う付加価値が

どの点に存在しているのかを考えてみることも、ご自身の経営の参考となる可能性があります。

 

このように、プライベートの出費も「投資」と捉え、考えるクセを付けることで、経営感覚を一層養える機会となるのです。