集客策は従業員と一緒に考えましょう

店舗経営者が集客策を一人で考え、実行に移すと、実はほとんどのケースで失敗に終わることをご存知でしょうか。

 

勿論、この集客策が当たり、多くの来店客を獲得できれば、経営者は大きな達成感を得ることが出来ます。

 

でも、事前に集客策を知らされなかった従業員は、急な来店客の増加に戸惑いを感じるだけでなく、接客やサービスが十分に行き届かなくなる等、お客さまへの対応クオリティを下げてしまう可能性も高くなります。

(既存客にとっても、突然新規客が増えたことに対して、これまで抱いていたお店への愛着や親しみを感じなくなる可能性も高まります。)

 

これらのような状況にならないためにも、集客策は経営者一人で考えるのではなく、必ず従業員と意見交換した上で決定することをお勧めします。そうすれば、集客策が当たった時に経営者と従業員の間に一体感が生まれ、また接客や対応にも一層連携力を発揮しやすくなります。その結果、お客さまから高い満足度を獲得しやすくなるのです。