カンタンに自店の商圏特性を知る方法

地域商売を長く続けるためには、商圏となる地域の情報を常に収集し、関わりを持ち続けることが重要です。

 

本日は、自店の商圏をどのように考え、対応すべきか、についてお伝えします。

※商圏とは「自店の経営が成り立つために必要な客数をカバーするエリア」とお考えください。

 

まず、商圏に自店の存在をPRするだけではなく、商圏の情報や今起きていることについて、常に把握しておくことが大切です。

 

人口分布や開発計画等、商圏の基礎情報は市役所や図書館で閲覧できます。

ぜひ一度、お調べいただくことをお勧めします。

 

また、商圏内は全て、経営者自らが歩いて実地調査を行うことも重要です。

例えば、新たにマンション建設が予定されていれば、商圏に新たな転入者が入ってくることが予測できますので、入居開始と同時に情報アプローチしておくことで、新規客を獲得できるチャンスが拡大します。

 

つぎに、商圏内の催事・行事には積極的に関わることも欠かせません。

地域住民の方々との交流が図れ、お店の認知拡大に繋がる貴重な機会となりますので、必ずお取組みください。

 

反響率が読みにくい販促に大切な費用を投じるよりも、まずはこれら商圏への対応を行い、地域商売の土台を築くことを優先するべきでしょう。