商品が売れない理由とは?

雑貨屋さんや酒屋さんなど、店頭・店内で商品を陳列する物販店で、販売不振に陥っているお店には、ある共通点があります。

 

それは、1つ1つの商品に値札が張っているだけで、その商品に関する情報が全く発信されていない、ということ。

 

陳列している商品の内容や特徴を知らないお客さんにとって、商品を買うか否かを判断する材料が「価格」しかないのであれば、お客さんは買った後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔することを恐れるあまり、選択肢は「安いものを買う」か「買わない」の2択となってしまうのです。

これって、お店にとって大変不幸なことですよね。。。

 

従って、物販店は取り扱う商品の中でも、特に売りたい商品には価格だけではなく、情報も併せて発信する必要があるのです。

そして、発信すべき情報は2つあります。

 

1つ目は、その商品を利用するシーンの提案です。

その商品が、いつ・どのようなシーンで活躍するのかを情報発信することで、お客さまが購入後のイメージを膨らませ、購入に至りやすくなります。

 

つ目は、商品の特徴だけでなく、その商品の特徴によって、購入したお客さまが得られるメリットの伝達です。

メリット自体が、お客さまが獲得したい「価値」であれば、価格が高くてもお客さまは購入に至ります。

 

売上に課題がある物販店では、是非実践していただければと思います。