老舗店が変革するための最初の一歩とは?

店舗経営はお客さまや市場のニーズの変化に対して、常に順応と変革を行わなければ、生き残りは難しくなります。

 

特に古くから経営をされてきた「老舗店」は、変革が進まず、苦しい経営状況に直面しているお店が多いようです。

 

変革ができない(進まない)老舗店に定着する悪しき慣習は、次の通りです。

「①経営者自身が従来の手法に執着している」➡「②新しい挑戦を受け入れ、支援する社風が培われない」➡「③新しいことに挑戦する従業員が出てこない」

   

従って、経営の変革を行うためには、まず経営者自身がこの悪しき慣習の定着が経営継続に向けたリスクであることを認識しなければなりません。

 

経営者自らがリーダーシップを持って新たな挑戦への意思を固めることで、ようやく変革のスタート地点に立つことが出来るのです。