仕入れ先を見直していますか?

現在取引のある仕入れ先について、適時見直しを行っていますでしょうか。

 

長年の取引で信頼関係が構築できており、且つ自店の経営に不可欠な存在となる仕入れ先は

更に関係強化を図るべきですが、不満を抱きつつも何となく取引を継続している仕入れ先で

あれば、変更を前提とした見直しが必要となります。

 

基本的に、仕入れ先は適度に分散させることで、供給の安定性と「最も自店にとって有利な

取引条件の仕入れ先から購入する」交渉力が確保できます。

 

これを「多社購買」と言い、実現するためには上述の通り、慣れ合いや付き合いの取引だけで繋がっている仕入れ先の見直しや

新たな仕入れ先の選定・確保が必要です。

 

また、多社購買を実現すれば、従来の仕入れ先に対して、より有利な条件を引き出すための圧力をかけることも可能となります。

今一度、自店の仕入れ先について再点検をされることをお勧めします。