売りを明確にするために「客層を絞る」

商品(サービス)を提供したい客層が明確でしょうか?

 

実は、集客に悩む店舗事業者の多くは客層を絞りこめていません。

 

そのようなお店は事業展開イメージが総花的で、強みや売りが何なのか大変わかりにくい印象。その結果、いずれの客層からも支持を得られません。

 

客層はできる限り絞り、その客層に向けた商品と情報発信に特化することで、お店のイメージも一層明確となり、強い印象付けが図れるようになります。

 

例えば「30・40代の男性に特化した理髪店」「60代以上のシニア女性向け婦人洋服店」「40代女性向けエステ」など、客層を絞り、その客層が抱える悩みを解決に導くサービスを付加価値として提供してみてはいかがでしょうか。