アルバイトに接客業務をさせる際に欠かせないこと

接客をアルバイトに任せる際に、業務内容の説明だけを行って早速業務に従事させる店舗を多く

お見受けします。

 

但し、アルバイト個人の能力や適性は様々なため、早期に順応できる人材もいれば、なかなか

業務が習得できない人材もいます。

これでは、店舗の接客業務に不安な要素を抱えてしまうと同時に、行き届いていない接客

サービスに対して不満を募らせるお客さまの離客が始まるケースも出てきます。

 

これらを防ぐためにも、経営者自らがアルバイトに対して業務内容を教えるだけでなく、実際のお客に扮しての「接客ロール

プレイング」を実施し、至らない点を徹底的に指導、改善させることが不可欠です。

尚、重要な点は、お客さまにとって快適な接客ができるようになるまで、接客ロールプレイングを繰り返し行うことです。

 

接客は店舗経営における最重要業務の1つであり、この業務をアルバイトに一任する「怖さ」を今一度認識すれば

自ずと「接客ロールプレイング」の大切さをご理解いただけると思います。