商談に「製造担当者」を同行。その効果とは?

顧客先をいつも営業担当者だけが訪問するよりも、時には製造担当者にも同行してもらうことで

顧客との関係構築や案件受注に繋がることがあります。

 

自社の製品(商品)について、最も詳しく、且つ思い入れが深いのは製造担当者です。

 

彼らは技術者である故、営業担当者のように流ちょうに話すことは難しいかもしれません。

でも、製造担当者の説明には実際に製造に携わっているからこその「説得性」があります。

 

その「説得性」に加え、営業担当者から他社製品との「優位性」や自社製品導入後のメリット等を補足伝達してください。

きっと、この商談は良い成果を得られるでしょう。

 

営業担当者が製造担当者を同行することで得られる相乗効果。

 

特に営業力が弱い会社には、効果的な営業手法の1つです。

是非実践ください。