採用したアルバイトスタッフには、まず研修からスタートする!

アルバイトやパートを採用した後、早速仕事を与えるお店を多くお見受けします。

 

就業初日から何らかの業務を与え、1日でも早く仕事に慣れてもらおうとする意図があるようなのですが、彼らが「このお店で働いて良かった」と実感し、良いパフォーマンスを発揮してもらうためには、まず経営者自らが講師となり、アルバイトの業務開始初日には「座学+ロールプレイング」をセットとした研修を実施してみてはいかがでしょうか。

 

まずは座学で、経営者の自己紹介、お店の歴史やコンセプト、商品紹介、経営目標などを経営者自らが説明。その後、ロールプレイングで実際の店舗運営や接客方法について、これも経営者自らが手本を見せ、実際に彼らにも実践してもらいます。

 

これらの研修を就業初日に行うことで、彼らは店舗の一員となったことを初日から強く意識でき、また座学で学習したことと実際に手を動かして行う業務が頭の中で相互理解できます。当然、真の戦力となる日も早く訪れます。

 

尚、研修で活用する資料は簡易でも構いません。ロールプレイングが完璧に出来なくても問題ありません。

 

経営者の考えや心意気が伝われば、仕事を始める彼らにとって、大変有意義な機会となります。

研修を実施するだけで成功と信じ、是非お取組みください。