経営者の仕事は「作業」ではない!

店舗経営者の中には1日中商品を作る、またはサービスを提供するなど、常に手を動かして

いる方が多いものです。

 

これは、経営者の仕事が毎日同じことの繰り返しとなることで、「作業」と化している

状況と言えます。

但し、経営を一層成長させるためには、作業を従業員やスタッフに任せてでも

経営者自身の時間を作り、その時間を店舗の舵取りや全体マネジメント等に充当するべき

です。

 

なぜならば、これらの「考える・統率する」仕事は経営者にしかできない仕事であり、この仕事なくして経営は向かうべき方向性を

見失ったり、従業員との関係や信頼が崩れる可能性も出てくるからです。

 

・店頭・店内の掃除は行き届いているか

・従業員の体調やモチベーションは優れているか

・来店客は満足して帰っているか

・商品やサービスの質や提供時間は問題ないか

・新規客、リピート客それぞれ増客できているか  など…

 

例えば、これらは店舗経営における重要なチェックポイントの一例ですが、経営者自身の目で確認、把握することで

大きな損失に繋がる前に対応することが可能となります。

 

まずは、現在経営者である貴方の一日が「作業」で埋め尽くされていないか、を確認することから始めましょう。