差別化における不可欠な要素とは?

競合他店に勝つための「差別化戦略」は店舗経営において大変重要な取組みですが、差別化する要素として絶対外してはいけないことがあります。

 

それは、差別化するポイントが「顧客のニーズを満たすもの」。

 

競合他店にはない価値を付与して仮に差別化を図れたとしても、差別化ポイント自体がお客さまにとって価値を感じないものであれば、勿論買っていただけません。

 差別化を検討する際は「お客さまが求めている」という要素を外せないのです。

 

そのためにも、店舗経営者は「お客さまが自店(自社)に今、何を期待しているのか」を必ず掴んでおくことが求められます。

 

お客さま満足を実現する差別化戦略こそ、個人経営店にとって最高の武器となるでしょう。