流行を先取りするのではなく、順応する!

「今年の秋は●●が流行する!」

このように流行やヒット商品を自ら発信したり、または予め予測することができれば、大きな

需要を刈り取ることができます。

 

勿論、個人商店や店舗は、流行の発信源になることや予測をすることは難しいと言えますが

流行に「順応する」ことは出来るはずです。

 

順応することで、流行の先取りで得られる大きな需要には及ばないものの、かならず存在する「流行を少し遅れて受け入れる」方々の受け皿となり、その結果、一定の需要の刈り取りが可能となります。

 

流行を察知すれば、自店でも提供できるよう商品やサービスの開発に取り組み、また同時に手書き等で構わないので店頭告知する、といった一連の対応が求められるでしょう。

 

但し、1つ注意点があります。

それは、察知してから動くために、すでにその時点で「遅れ」が発生している点です。

従って、その遅れを少しでもリカバーするためにも、順応するスピード感が大変重要となることも付け加えておきます。