利益を上げるために「ムダ」を排除する

利益を出している事業者には、1つの共通点があります。

それは、事業経営者が店内オペレーションのあらゆる点で「ムダ」が発生しないよう、徹底チェックしていること。

 

では、なぜ徹底チェックを行うのでしょうか。

それは、ムダを取り除くことで生産性が上がり、その結果利益が上がることをその経営者は知っているから。

 

「作業が多く、人手も少ない」と悩むお店の多くは、売上を伸ばせていても、肝心の(原価・経費を差し引いた後に残る)利益を伸ばせていません。あらゆる点でムダが存在する可能性があるのです。

 

本日は、代表的な「7つのムダ」を紹介します。

①作りすぎのムダ(必要以上に作る)

②手待ちのムダ(一時的に何もすることがない状態がある)

③運搬のムダ(店内レイアウトが悪い、など)

④加工のムダ(お客さま満足に何ら貢献しない不必要な加工、など)

⑤在庫のムダ(万一の不良品やトラブル発生に備えた安心在庫発想から発生)

⑥動作のムダ(価値を生まない動き)

⑦不良品・手直しのムダ(精度の悪い商品を作り、その結果、手直しが発生してしまう)

 

貴方の会社やお店では、ムダがありませんか?