小さな会社 応援シリーズ/ソフトバンク孫会長のすごいPDCA

先日、トライオン株式会社社長:三木雄信氏の経営セミナー(主催:神戸商工会議所)に

出席しました。

 

三木社長はソフトバンク現会長兼社長:孫正義氏の下で『Yahoo!BB事業』の中心的役割を担い、

また同氏側近として経営哲学を学ばれました。

現在は、ご自身が経営する会社を急成長させるなど、スゴ腕社長としても知られています。

 

当日のセミナーも大変興味深い内容でしたが、その中でも最も印象的だったのが

孫会長が唱える「すごいPDCA」で経営を進める方法。

 

「すごいPDCA」とは、P(計画)は考え悩まず、あくまでも「仮説」として軽やかに設定し、D(実行)・C(評価)のアクションに

全体の8割の力を注ぐことで、一般的なPDCAサイクルよりも、迅速に最適なA(改善)を導き出せる、という考え方です。

 

要するに「考えてから動く」ではなく「考えながら動く」。

やはり業績を伸ばしている会社は、経営のスピード感と効率を重視、実践していると言えます。