「おまかせセット」は三方よし!?

おまかせセットの写真

飲食店でたまに見かける「おまかせ(定食/セット)」メニュー。

私の場合、メニューにあれば、結構な確率でオーダーしてしまいます。

 

「おまかせ」メニューを思わずオーダーしてしまう理由は、下記3点のいずれかに

該当するのではないでしょうか。

①特に食べたいものが決まっていない

②提供される内容がわからないため、楽しみ(楽しみ8割/不安2割 くらい?)

③コストパフォーマンスの良い内容を期待してしまう 

 

そして、あともう1つ、意外と多いオーダー理由があります。

それは、④他人に「決めてほしい」、です。

 

人は毎日、多くの些細なことを含め、実は「決める」作業を行っています。

(その日着る服を決める、スケジュールを決める、夕食の献立を決める、買い物するものを決める 等々)

そのような日々を送る中、外食時のようなリラックスした状態の時は、お店に「決めてほしい」という心理が

働く場合も多いのです。

 

さて、この「おまかせ」メニューですが内容を工夫することで、お客さまが喜ぶだけでなく

実はお店と仕入れ先も喜ぶ、「三方よし」のメニューになることをご存知でしょうか。

 ※「三方よし」とは、近江商人の心得のことで

 良い商売とは①売り手と②買い手が共に満足し、おまけに③社会貢献もできること、とした言葉。

 

その工夫とは、日々の食材管理の中で、消費期限が近くなってきたものを「おまかせ」メニューで使用し

良心的価格で提供することです。

そうすれば、店内在庫の回転率も改善され、常に鮮度良い食材を仕入れることができるようになります。

 

この循環が、おトクに鮮度の良いものを食べられるお客さま、不良在庫に悩まされず常に鮮度の良いものを扱えるお店、

受注が増える仕入れ先、の3者がメリットを得る「三方よし」となるのです。

 

特に在庫管理に悩まれているお店は、一度検討されてはいかがでしょうか。