商売繁盛を祈念する日だからこそ、覚えておきたい言葉 ー 「それでお客さまは喜びますか?」

「それでお客さまは喜びますか?」

 

この言葉は、松下電器産業(現:パナソニック)の創業者:松下幸之助氏が口ぐせのように自社の社員に発した言葉です。

 

幸之助氏は、社員が自社の商品や仕組みについて議論している時、作っている時に、何度も自分自身や従業員へ必ず問いかけたのです。

「それでお客さまは喜びますか?」と。

 

やがて、この言葉は同社の優れた社風となり、社員自らが今やっていることについて「本当にお客さまに喜んでいただけるのか」を率先して考える土壌を作った、と言われています。

 

店舗経営も家電メーカーと同じく、お客さまに喜びを与えることで対価をいただく商売です。

 

現在行っている様々な作業や新たな取組みについて、それらがお客さまへの「喜びの提供」に繋がっているのかを必ず確認、チェックするよう、常に意識をしておきたいところです。