お客さま認知を得るための基本思考

当社に多くご相談依頼をいただく内容に「店舗経営者が自信を持ってお薦めしたい商品やサービスがあるにもかかわらず、なかなかお客さまに認知されない」という課題があります。

 

中には、SNSやチラシなど様々な手法を試しても「お客さまからの反応が全くない…」とお悩みのお店もいらっしゃいます。

 

では、何故お客さま認知を得られないのでしょうか?

 

それは、お客さまがその商品やサービスに「関心がないから」です。

関心がない商品やサービスの情報や宣伝をいくら目にしても、そもそも関心がないのでお客さまに刺さらないのです。

 

従って、お客さま認知を得たいと願う店舗経営者は、SNSや広告などの「手段」に時間を費やしていても成果を得られないと早く気が付かなければならないのです。

 

お客さま認知を得たいのであれば、まず「お客さまの関心を作る」。

そのためには、自店の商品やサービスが「お客さまの暮らしや生活がどのように変化させるのか」を伝えましょう。