社員への問いかけは「なぜ?」ではなく「何を?」にするべき理由

経営者が社員(スタッフ)へ注意や指摘を行う際に、つい「なぜ?」と尋問調になりがちです。

 

例えば「なぜ、売上が上がらないのか?」「なぜ、あのようなミスをしてしまったのか?」

「なぜ、クレームばかり起こしてしまうのか?」等々…    

 

しかし、これらの言葉の投げかけでは、社員は萎縮して何も答えられないか、または、その場逃れの言い訳探しに意識が傾きます。

 

そこで「なぜ?」ではなく、「何を?」と問いかけ方法を変えてみてください。

きっと社員は冷静に自身を振り返ることができ、自ら対処策を見出しやすくなるでしょう。

 

例えば「何をすれば、売上が上がると思う?」「今、何をすればミスをリカバーできるかな?」「何をすれば、クレームを防ぐことが出来ると思う?」等々…

 

社員に対して反省を強いるだけでなく、社員が「自ら考え、自ら行動を起こす」ための問いかけこそが、社員の成長を一層促すきっかけとなります。