· 

ミュージカル『メリー・ポピンズ』

現在、大阪・梅田芸術劇場で公演中のミュージカル『メリー・ポピンズ』を観劇してきました。

 

全キャスト(当ミュージカルはWキャスト)、演出、ダンス、音楽、舞台装置、照明など、

全ての要素が高い完成度に仕上がっており、カーテンコールまでの3時間が、あっという間に

過ぎてゆきました。

 

映画とは異なり観客の前にあるのは、演者の息遣いすら聞こえてくるリアルな世界…。そして、キャストが何度も何度も稽古とリハーサルを重ねてきたことが、今目の前で結実している瞬間を、演者と観客が共有している空間…。大変濃密な時間でした。

 

そして、緞帳が下りた後、一人舞台に戻ってきたメリー・ポピンズ役の平原綾香さんが言った一言。

 「これだけのステージは、キャスト・スタッフ全員の信頼関係がなければ成立しない」

 

規模の大小にかかわらず、組織論に通ずる教訓ですね。