目標数字を達成できない「1つの要因」

設定した目標数字が達成できない理由。

 

その要因として、目標数字が明確になっているにもかかわらず、目標数字を達成するための具体策が不明確であるケースが大変多いことをご存知でしょうか。

 

本来、目標数字は具体策が積み重なった集計値を表したもの。

にもかかわらず、目標数字が安易に「前年度実績●●%UP」のような感覚的に設定したものだから達成できないのです。

 

「目標数字は明確、具体策が不明確」な状況では、社員が目標数字を客観的(まるで他人事のよう)に数字を捉えてしまう傾向が強くなります。

これでは数字達成に向けた意欲や執着が湧かず、その結果、目標未達となる可能性が極めて高くなります。

 

目標数字は感覚的に設定するのではなく、達成すべき具体策とその具体策で計上すべき数字を経営者・幹部・社員が一緒になって協議・決定した上で、最後に積算する。

 

その積算合計こそが「達成に向けた道筋が見える」目標数字と言えるのです。