まずは、継続!

店舗経営において、新たなメニューやサービス、販促など、売上や集客を上げることを

目的としたチャレンジをされることも多いと思います。

 

その際に経営者が陥りやすい一番悪いパターンがあります。

それは、成果が上がらなければ「この方法は合わない」と早々に判断し、別の手法に

直ちに変更してしまうことです。

 

このやり方では、取組むこと全てが中途半端なものとなり、いつまで経っても望む成果は得られません。

 

新たな取組みで成果を上げることが出来る経営者は、成果が上がらないと判断した場合でも、不足している点を改善した上で

もう一度同じ手法を継続します。

そうすることで、着実にその手法が成果アップに繋がりやすくなり、また経営者自身の分析力や改善力といった経営能力も

向上するのです(それでも成果が上がらなければ、その時点が本当の諦め時と言えます)。

 

一度取組んだ以上、その手法に一時は執着することが、成功への近道となるのです。