経験や勘で動く前に、まず「仮説」として捉える

経験や勘に頼った考えは、独りよがりで偏ったものになりがちです。

 

例えば、新メニューを考案する際に「●●●が流行っている」と自身の経験と勘だけで新メニューを発案し、そのまま最終決定…。

 

実は、この発案自体悪くありません。

重要なことは、発案したものをまず「仮説」として捉えること。

 

「経験や勘で発案した仮説に対して、第三者の意見を聞いてみる」「競合や市場の動向を探り、仮説の検証を図る」「まずはスモールスタートで市場規模を探る」…

 

それらに取組むことで「仮説」がより洗練し、行動後の成果に繋がりやすくなります。