ランチのコストパフォーマンスについて

最近、私のお気に入りのフランス料理店が閉店しました。

 

そのお店は特にランチメニューが秀逸で、2000円程度で前菜からデザートまでのフルコースを

いただけ、特に前菜の盛り込みは華やか、且つ大変美味しいものでした。

 

では、なぜそのようなお店が閉店したのでしょうか。

私はそのお店へは一人の「客」としてお伺いしていたので、本当の閉店理由はわかりませんが

以下のような推測をしてみましたので、ご紹介します。

 

その推測とは、上述の通りランチメニューのコストパフォーマンスが大変優れているため、お客さまがそのお店を「ランチで訪れる

お店」という認識で捉えてしまった、というものです(実際にそのお店は多くのメディアで取り上げられましたが、紹介記事の全てが

ランチメニューに関するものでした)。

 

その結果、ランチ時は盛況でもディナー時は空席が目立つ状況になり得ます。

通常、飲食店にとってのランチメニューは、売上が上がるディナーの時間帯へ誘導するための「宣伝」の位置づけで提供します。

但し、このフランス料理店は、ディナー利用を想像させない位にランチメニューのインパクトが強いため、ランチが同店の「主役」となってしまった可能性があるのです。

 

優れた腕前のシェフを有していても、やはり売上を積み上げてゆくための戦略が欠けていれば、経営の安定は難しいと言えるのです。