個人経営店は「戦略的に」低価格販売を実行すべき!

低価格販売ができるのは、基本的に、大量仕入れが可能な大型量販店に限られます。

個人経営店舗は経営を圧迫しかねず、低価格販売は回避しなければいけません。

 

但し「ある戦略」があれば個人経営店でも低価格販売で集客を図ることは可能、且つ、売上を伸ばす有効策になり得ます。

 

それは、商品(サービス)の「一部」を低価格設定することで「集客装置」と位置づけること。

 

低価格商品で誘引したお客さまに対して、お店が一番買って欲しい商品(例:高付加価値商品・高価格商品)を紹介することで、認知・お勧めする機会とします。※専門用語で、フロントエンド(低価格商品)・バックエンド(一番買って欲しい商品)戦略と言います。

 

お店が一番買って欲しい商品がなかなか売れない最大の理由は、お客さまがその商品を認知していない(気付いていない)から。

従って、まず取り組むべきことはお客さまに来店いただくこと、そしてそのお客さまに買って欲しい商品を周知することになるのです。

 

この戦略は飲食店や理美容店、物販店など、どのような業態でも取り入れることができますし、集客と客単価の両方を伸ばすことにも繋がります。是非、実施検討されてはいかがでしょうか。