小さな会社 応援シリーズ/給料に見合った仕事をさせていますか?

自社の部長職に年間800万円の給料を支払っていると仮定します。

その部長が年間2000時間働いていれば、時給は4000円となります。

 

その部長が、時給1000円のアルバイト社員にでもできる単純な社内業務に多くの時間を割いていれば、早急な業務の見直しを行うべきです。

 

実は、上記のような賃金と仕事の質がアンバランスになっている会社が大変多いのです。

そして、このような会社は必ず業績不振に陥っています。

 

部長職を含めた経営幹部は、会社の先鋒に立ち、事業成長の筋道を作る役割を担わなければなりません。

彼らに安易な仕事をさせていては、単なる賃金の浪費にすぎないことを経営者は改めて意識しておきたいところです。