競合店を敵対視する思考を改める

競合店を敵対視する店舗経営者を多くお見受けします。

 

勿論、相手の存在を発奮材料とするのは良いのですが、やはり過剰に意識しすぎると視野や発想がどうしても狭くなります。やがて、冷静な状況分析が難しくなり、ユニークな発想やアイデアも生まれなくなるでしょう。

 

改めて、お伝えします。

店舗経営者が意識を振り向ける対象は競合店ではなく「お客さま満足」です。

 

「お客さまへ何を提供すれば喜んでいただけるのか?」「お客さまから面白いと思ってもらえるアイデアとは?」「このサービスはお客さまの不便を解消できるのか?」など、常に意識を傾ける矢先を「お客さま満足」に向けることが大切です。

 

この意識定着があってこそ徐々にお客さまから必要とされる商品やサービスが見えるようになり、結果として、集客や売上で競合店に勝る土壌が作れるのです。