売上が好調な時こそ、要注意です!

売上が好調な時、経営者は気が緩みやすくなることがあります。

 

但し、好調な時はそう長く続かないもの。

いつまでも浮かれてばかりでは、すぐさま凋落(ちょうらく)期を迎えてしまいます。

 

従って、売上が好調な時こそ、店舗の未来を担う新商品や新メニューの開発を行うなど、販売戦略の強化を図らなければならないのです。