高収益を生み出す事業者が必ず執着しているポイント

阪神間の高級住宅地に立地する、ある洋菓子店。

 

1番人気商品の苺ショートケーキが1つ約千円と、比較的高額な価格設定にもかかわらず連日売り切れ。

お客さんも地域の住人だけでなく、2時間以上をかけて遠方からわざわざショートケーキを買いに来るお客さんもいる程の超人気店です。

 

このお店が多くのファン客を魅了し続けているには、理由があります。

 

果物は契約農家から仕入れた厳選品を使用、特殊なオーブンで手間暇をかけて焼き上げる製造工程、また自店のケーキがいかに安全で美味しいのかを伝える広告展開…。

経営者は商品つくりに関する様々な部分に、しっかりお金をかけているのです。

 

但し、一方で商品の品質に直接影響しない物流費などのコストについては協力業者を厳しく選定するなど、コストダウンを徹底しています。

 

要するに、商品を「いくらで売るのか」だけでなく「どの点にお金をかけるのか」「どの点を節約するのか」について考え抜き、実践することで、高い売上に加えて「高い収益を生み出す」ことにも成功しているのです。

 

この思考は、高収益構造を構築できている事業者の共通点、と言ってよいでしょう。