顧客管理の基本とは?

「顧客第一主義」を主張する会社は多いのですが、本当に顧客のことを第一に考えているのか大変疑わしいケースも多々あります。

 

その指標の1つとなるのが「顧客データベース」の存在。

 

「定期的な取引を行う顧客の存在」が事業継続に大きく寄与していることは、言うまでもありません

 

その大切な顧客に関する情報が、全く社内で集約管理が出来ていない会社が特に中・小事業者を中心に大変多いのです。

 

「うちは顧客第一主義です!」と主張する一方で、実際は顧客の戦略や思考、動向を全く把握できていない現実。。。

顧客第一主義を主張する資格はない、と言ってよいでしょう。

 

繰り返しになりますが、顧客第一を謳うのであれば「顧客データベース」は不可欠です。

尚、顧客データベースには、顧客の社名や代表者名、主要担当者名、所在地などの「基本情報」や、過去の購買活動(時期、購買商品、数量、価格など)に関する「購買履歴情報」、これまで顧客との間で生じた商談やクレーム等についての「接触情報」などがあります。

 

これらの情報を顧客別に集約管理、アップデートしてゆくことではじめて顧客分析が可能となり、顧客満足を追求する土台が整います。

 

いわば、顧客データベースは「顧客そのもの」であり、事業継続に向けた重要な財産となるのです。